過敏性腸症候群 IBS

胃腸の調子でお悩みの方、『過敏性腸症候群』という病気の可能性も

『おならの回数が多い、おならを我慢することが多い、
下痢が続く、下痢と便秘を繰り返してしまう、腹痛で困っているなど・・・』

 

このようなお腹のトラブルを抱えていませんか?

 

当サイトではそれらお腹の不調の症状を引き起こす現代病、
日本では人口の約10%が該当するともいわれている『過敏性腸症候群』という病気を中心に原因や、症状、治療法、考えられる改善法について、さらにはその他お腹のトラブルに関する情報も解説していきます。

 

 

過敏性腸症候群を具体的に知ろう

 

お腹の不調をもたらす過敏性腸症候群。どんな原因で発症するのか、どのような症状を引き起こし、他の腸の病気と違いどういった特徴を持った病気なのかを具体的に解説していきたいと思います。

 

過敏性腸症候群の略称と原因について

過敏性腸症候群は英語で『Irritable Bowel Syndrome』と表記され、これら各単語の頭文字を取り、略した形でIBS(アイビーエス)とも呼ばれます。

 

過敏性腸症候群の原因は様々あると考えられていますが、その中でもストレスが有力なものとして挙げられており、ストレス社会の現代において年々増加中のやっかいなお腹の病気です。

 

過敏性腸症候群の原因一覧

 

IBSはどんな症状があるの?

過敏性腸症候群が引き起こす具体的な症状を見ていくと下痢が続く・腹痛・下痢と便秘の繰り返し・ガス過多など主に腹部周辺を中心とした症状が現れます。

 

自分の体に現れる症状によってガス型、下痢型、交替型、便秘型とその症状ごとにタイプ分けされます。やる気の低下、頭痛、不眠などを含め腹部のみに症状が収まるわけではなく精神面にもその影響を及ぼします。

 

過敏性腸症候群の症状一覧

 

どれか一つのタイプだけに必ず属するというわけではなく例えば下痢型であってもガス型のようにおならの回数が多いなど症状がミックスすることも珍しくはありません。

 

過敏性腸症候群の特徴

胃腸の病気といえば、その部位に何らかの異常が生じていることは多いもの。しかしながら、内視鏡(カメラで腸内を調べる)検査をしても腸に腫瘍があるなどの病巣が見られないことがIBSの大きな特徴。

 

命を落とす大病というわけではありませんが、症状が悪化に伴い生活の質(QOL)が大きく下がってしまったり、別の病気を引き起こすトリガーとなってしまうという側面もあり楽観視できる病ではないのです。

 

『単にお腹の調子が悪いだけで大したことはないのでは?』と軽く見られたり、最初の内は自分自身でさえもそう思ってしまいがち。
しかし、ストレス性ということもあり、それに起因した病気を併発することもあります。日常生活に大きく悪影響がもたらされることも珍しくはなく、今までの生活が一変し容易に出来ていたことが出来なくなることも。

 

過敏性腸症候群を治療するには?

 

お腹の不調だけではなく、精神面にも悪影響を及ぼす過敏性腸症候群。
この病気をもし発症してしまったらまずは何をすべきなのでしょうか?
また、IBSには主にどのような治療が行われるのか、処方される薬についてや基本的な治療法以外にもが考えられるのかを順番に見ていきましょう。

 

まずは病院へ

まずは、病院で診察してもらうこと。どんな病気でも同じですが、これがが治療、そして改善への大前提になります。

 

良く似た症状を持つ炎症性疾患や大腸がんなどの病気も存在しますし、IBSかそうでないかで、治療方針が大きく変わります。
命に関わるわけでもないしと、放置しておくことは大変危険!別のストレス性疾患を併発することもあり大変危険!お腹の不調が続いて少しでもおかしいなと感じれば早期に病院を受診することが大切です。

 

病院について

 

面倒くさいとか時間がないといった言い訳をしがちなのですが、早期に治療することは早期改善へアドバンテージを持つことになるのです。

 

投薬治療がメイン

過敏性腸症候群は基本的に投薬治療が中心となります。
代表的なものとして挙げられるのが、下痢型治療薬のイリボー(最近になってようやく女性でも処方を受けられるようになりました)。また、交替型などに使われるコロネルなどのIBS治療薬。

 

また、症状のタイプを問わず整腸剤はほぼ処方されるといっても過言ではありません。他には精神安定剤や漢方薬などを併用して治療に使われることもありますが、珍しいことではありません。

 

過敏性腸症候群の治療薬

 

心理療法も使われることがあります

その他、過敏性腸症候群の治療として心理療法が用いられることがあります。代表的なものと言えば、カウンセリング自律訓練法など。

 

これらの治療が受けたい場合はその道の専門的な分野である心療内科精神科などの受診が必要になります。病院もしくは医師によって得意分野は異なりますので、受けたい心理治療があればあらかじめ病院のHP等で確認が必須と言えるでしょう。

 

心理療法一覧

 

過敏性腸症候群を改善に必要なこと

 

過敏性腸症候群は病院に行って薬さえ服用していれば簡単に完治する病気ではありません。
それだけで完治や改善が難しい場合は自身の生活を見直すなどの自分自身の努力も必要不可欠。
ではどのようなことが改善のために必要になってくるのでしょうか?

 

生活習慣を整える

自分が今送っている生活習慣は乱れていませんか?
夜更かしが当たり前になってしまうと体内リズムが乱れますし、睡眠不足もお腹の調子を崩します。

 

早寝早起きをしたり、いつも決まった時間に栄養のバランスを考えた食事を摂る、運動を取り入れるなどライフスタイルの修正も必要不可欠。薬だけに頼るだけではなく、自分の生活を見直す努力も過敏性腸症候群の改善には必要なことです。

 

生活習慣で気を付けること

 

環境を変え、ストレス源を探る

学校や会社に行きながら過敏性腸症候群の治療に当たるのがベスト。しかし、それで改善しない場合は会社や学校を辞めたり休むなどのその環境から離れることも視野に入れる必要があります。

 

もちろん安易に出来る選択ではありません_。
会社勤めの方は休職制度、学生の方は休学フリースクール単位制通信制に転入するという選択肢を使い対応することも考えなくてはなりません。

 

環境を変え、IBS改善を目指す

 

IBSになった本当の原因を探り、症状の改善をはかりながらそれぞれの復帰を目指していくという道もあるのです。

 

ストレス解消

みなさんはストレス解消法をお持ちでしょうか?
日常生活においてストレスを感じないという方は少なく、現代社会においてそれを持つことは必須ともいえるかもしれません。

 

IBSという病気はその症状自体にストレスを感じてしまいがち
症状の改善や重度化を避けるためにもストレス解消法を持っておくということは大きな武器になります。

 

リラックス法をご紹介

 

ストレス解消・リラクゼーションにはヨガもおすすめです。

ヨガについて詳しく

 

過敏性腸症候群の治療は、処方薬、ライフスタイルの修正、そして自分に適合するストレス解消法見つけることなどを組み合わせて対応していかなければなりません。
過敏性腸症候群の完治は簡単ではありませんし、時間はかかることを念頭に置かなければなりませんが、諦めず根気強く治療に臨むことで改善や完治につながっていくのです。